ウェビナー予約/参加:電子帳簿保存法 電子的「帳簿」保存制度のご説明

電子帳簿保存法 電子的「帳簿」保存制度のご説明

電子帳簿保存法 電子的「帳簿」保存制度のご説明
開始時間
2020/08/06 13:30〜 (30分間)
参加可能人数
50人
主催者

株式会社リコー デジタルビジネス事業本部

主催者へのお問合せ
主催者の詳細情報はこちら
概要
電子帳簿保存法 電子的「帳簿」保存制度のご説明 e-文書法とは異なる税務署申請が必要な電子帳簿保存法
詳細
昨今、感染症拡大の影響で、ビジネスを継続するのも苦労されることかと存じます。
ところが、取引帳簿を紙で保存していた場合、監査や税務検査に臨む際に1年分の
帳簿と取引書類を保存場所から取り出し、事前準備をするにはかなりの時間がかかります。
また、過去の取引に関して、社内外から問い合わせがあった場合、紙帳簿をめくって
該当のデータを探し出すには大変な手間がかかります。
 
今回は、
「電子的「帳簿」保存制度のご説明」
というテーマでウェビナーを開催させていただきます。
 
今や、業務システムや会計システムで帳簿を電子的に作成しているにもかかわらず
電子帳簿保存法による帳簿の保存要件がわかりにくいため、わざわざプリントによって帳簿を紙保存している企業が多くみられます。
この機に、電子帳簿の保存要件を再確認し、制度を利用してみてはいかがでしょうか?その点を中心にご説明させていただきます。 


少し硬いテーマですが、「電子帳簿保存法に詳しい講師」ができるだけわかりやすく説明いたしますので、是非ご参加頂ければ幸いです。

電子帳簿保存法 電子的「帳簿」保存制度のご説明
e-文書法とは異なる税務署申請が必要な電子帳簿保存法の理解

【アジェンダ】

電子帳簿保存法 電子的「帳簿」保存制度のご説明
e-文書法とは異なる税務署申請が必要な電子帳簿保存法の理解

・帳簿の電子保存をするために関係する法律の確認
・法定保存文書の存在
・国税関係法定保存義務 帳簿と書類
・帳簿に要求される記載事項は
・帳簿以外で保存すべき取引書類
・帳簿と取引書類はいつ使われるのか?
・e-文書法、電子帳簿保存法は規制緩和法
・参考 e-文書法対象の要件  首相官邸ページ
・電子帳簿保存法とは1
・電子帳簿保存法とは2
・電子保存対象の帳簿
・電子帳簿保存法の申請書式
・電子帳簿保存法の対象と事前申請
・電子帳簿書類保存 国税庁パンフレット
・電子帳簿保存における重要要件1
・電子帳簿保存における重要要件2
・帳簿種類ごとの主要検索項目
・訂正削除履歴管理、関係帳簿との関連性実現
・訂正削除の履歴管理に関して
・電子帳簿保存申請書記載例1
・電子帳簿保存申請書記載例2
・帳簿保存申請書に添付用意す

パソコンでのご参加は、Google Chromeをご利用ください。
モバイルでのご参加は、以下の公式アプリをご利用ください