ウェビナー予約/参加:セキュリティ実現のために今知っておくべき新しい暗号技術の話

セキュリティ実現のために今知っておくべき新しい暗号技術の話

セキュリティ実現のために今知っておくべき新しい暗号技術の話
開始時間
2021/06/30 16:00〜 (60分間)
参加可能人数
100人
主催者

株式会社ブロードバンドセキュリティ

主催者へのお問合せ
主催者の詳細情報はこちら
概要
従来の暗号技術のセキュリティ上の懸念と、新たな暗号技術の特長、期待される効果についてお伝えします。
詳細
現在普及している暗号化技術には、以下2つの懸念があります。

- 量子コンピュータの登場により現状の公開鍵暗号はすべて解読されてしまうこと
- 通信の安全性確保とデータ保管に特化しているためデータ活用時は平文で処理せざるを得ないこと

クラウドシフト、サプライチェーンの複雑化、DX推進といったITビジネス環境の変化の中で、通信の安全性だけに特化した従来の暗号技術では、日々高度化・頻発化するサイバー攻撃に対して十分な保護は提供できないというのが実情です。

こうしたセキュリティ上の課題に答えるこれからの暗号化技術―「耐量子暗号」標準化に向けた動き、データを暗号化したまま様々な情報処理が可能な仕組みを実現できる「高機能暗号」の特長など、セキュリティ実現のために、今、知っておくべき暗号化技術についてお話しします。

※ ウェビナー中、ご質問をチャットにて承ります。

※ お申込みに際しては弊社の個人情報保護方針(https://www.bbsec.co.jp/lp/cloudsecurity/?utm_source=cocripo&utm_medium=webinar&utm_campaign=privacypolicy)とコクリポの個人情報保護方針(https://promote.cocripo.co.jp/privacy/)をご確認ください。


講師:芦原 聡介
弊社セキュリティサービス本部 セキュリティアナリスト
博士(理学)、山梨大学非常勤講師

◇同一の内容で7月14日12時からの回も予定しています。
月末でご都合の合わない方は是非そちらにご参加ください。

関連コンテンツ(弊社脆弱性診断ブランドサイト・SQAT.jp)
◇量子コンピュータの実用化と耐量子暗号の標準化動向
https://www.sqat.jp/information/238/?utm_source=cocripo&utm_medium=BBSec&utm_campaign=taidan_ashihara
◇TLS暗号設定ガイドラインの改訂
https://www.sqat.jp/tamatebako/8424/?utm_source=cocripo&utm_medium=BBSec&utm_campaign=SEO_TLS

パソコンでのご参加は、推奨ブラウザをご利用ください。
モバイルでのご参加は、以下の公式アプリをご利用ください