ウェビナー(Webセミナー)で、営業効率が50倍以上に。プレゼン動画の制作時間も1/5以下に

ご利用のお客様

株式会社クラウドワークス

クラウドワーカー165万人、クライアント22万社が登録する日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」を運営しています。
加えて、「クラウドテック」、「ビズアシスタントオンライン」、「ワオミー」、「サイタ」など、ワーカーの皆様の得意に応じてご活躍いただける場をご用意しております。
これらのサービスを通して、ビジョンである「世界で最もたくさんの人に報酬を届ける」を実現します。

概要

ウェビナーで解決したかった課題

  • ・限られた人員数の中で、営業・サポート効率を高めたかった

コクリポウェビナーを選んだ理由・良かった点

  • ・料金が圧倒的に安い
  • ・営業・サポート面で重宝する機能が充実していて、費用対効果が高い

コクリポウェビナーで得られた成果

  • ・営業効率が50倍以上に向上
  • ・録画機能でプレゼン動画の制作時間が1/5以下に

インタビュー

株式会社クラウドワークス

株式会社クラウドワークス

プロダクトDiv. アウトソーシングコンサルティンググループディレクター

倉島 駿様

人員数が限られる中、営業効率を高めたいと考えていた時にウェビナーを知りました。

--なぜウェビナーを使おうと思ったのでしょうか?

私が所属するアウトソーシングコンサルティンググループは、クラウドワークスのご利用経験がなかったり、ご利用初期でまだ使い慣れていないクライアント(発注者)様向けのサポートを行っているチームです。
現在、チームメンバーは数名程度です。
当グループのメインサービス「ビズマッチ」を、少人数での運営の中で、いかにして営業やサポートの効率を最大化するかと考えていた時に、ウェビナーというものを知りました。ウェビナーであれば、距離に関係なく、同時に多数のお客様に向けて、きめ細やかなご説明や、ご納得いただけるまで十分な質疑応答ができると思いました。

コクリポウェビナーは、他社に比べて圧倒的にコストが低いのに、営業面で重宝する機能が充実していて、費用対効果の高さを日々実感しています。

--コクリポウェビナーを選んだ決め手、良かった点を教えてください。

他社ツールも見ていたのですが、かなり料金が高かったのでウェビナー自体のハードルがすごく高いものだと感じていました。SNSサイトや動画投稿サイトのライブ配信機能なども検討したのですが、資料の共有ができなかったり、チャットが使いづらかったり、お客様との対話内容の記録ができなかったりと我々の用途では利用できないと判断しました。

そんな中、コクリポウェビナーに出会い、まずそのコストの低さに驚きました。実際に利用してみて、画面共有や使いやすいチャット、アンケートの設計、自動で参加者の連絡先リストができたりなど、営業・サポート面で重宝する機能が充実していて、費用対効果の高さを日々実感しています。

あと、録画機能がすごくいいです。録画機能だけでも十分価値があるツールだと思います。YouTube経由での集客拡大や、お客様サポートのために、クラウドワークスのご利用方法についてのプレゼン動画を、コクリポウェビナーの録画機能を用いて制作しています。通常だと、カメラ映像と、プレゼン資料映像を別撮りして、後で2つの映像の同期をとりながら合成していく作業にすごく時間がとられるのですが、コクリポウェビナーであれば録画ボタンを押すだけで、自動でカメラ映像とプレゼン資料映像の同期をとった映像が作られるので、ものすごく楽です。

クラウドワークスTV

倉島様は、株式会社クラウドワークスの公式YouTubeチャンネル「クラウドワークスTV(シュン)」の運営も担っておられます。
チャンネルに投稿されているプレゼン動画は、いずれもコクリポウェビナーの録画機能を用いて制作されました*。多い時期は毎日1本のハイペースで作っておられたとのことです。
* BGMや字幕の挿入などには動画編集ソフトをお使いです。

コクリポウェビナーを使うことで、営業効率が50倍以上、動画制作の効率も5倍は上がっています。

--ご利用いただくことで、どのような成果が得られましたか?

営業効率は50倍以上になっていると思います。毎回30分程度のウェビナーを行なっているのですが、これが対面営業の場合、1社お伺いするのに移動時間が2時間程度かかります(往復。余裕も含めて)。したがって、1社だけでも効率は5倍(150分/30分)になります。弊社のウェビナーでは、少ない時でも10社くらいは参加していただいておりますので、少なくとも50倍以上(5倍×10社)は効率が上がっています。
どれだけ集客をしても営業の人数がネックになって回りきれないということにはならないので、安心してウェビナーへの集客に力を入れています。

プレゼン動画の制作時間も1/5以下に短縮されていると思います。従来の制作方法ですと、カメラ映像とプレゼン資料映像をそれぞれ別撮りし、それらを同期を取りながら合成するという作業がありましたが、この工程が大変です。同期作業の時点でどちらかの映像が短すぎることが判明すると撮り直しになるため、それを未然に防ぐために撮影が長引きますし、何よりも同期作業が大変です。1本の動画を撮影・編集するのに数日かかることもあります。
コクリポウェビナーを用いれば、この同期作業が不要ですし、そのため撮影時間も短くてすみます。撮影して、不要な部分をカットして、BGMと字幕を入れるだけなので、全体で3-4時間もあれば完成します。

最初は緊張しましたが、3-4回もすると慣れました。

--ご利用開始の際、不安などはございましたか?

もともと人前で話すことに慣れていない中で、参加者のお顔や反応が見えない状況で話すことにかなり緊張していたのですが、3-4回もすると「いつも通り話せばいい」と思えてきて慣れました。

今後は、クラウドワーカーの皆様への情報提供やサポートにも活用していきます。

--今後のウェビナーの活用予定についてお聞かせください。

これまでは営業やサポートでの利用が中心でしたが、今後はクラウドワーカーの皆様へのお役立ち情報のご提供やサポートなどでも活用していく予定です。
 実際に、フリーランスのエンジニアやデザイナーのキャリアサポートを行う「クラウドテック」というサービスでは、クラウドワーカーの皆様向けのウェビナーをすでに始めています。
 社内で「ウェビナーするなら倉島に聞け」という感じになってしまっていて、いろんな部署から声がかかって嬉しい悲鳴をあげています(笑)

<機材情報>

  • ・PC:MacBook Pro
  • ・Webカメラ:MacBook Proの内蔵カメラ(下に台を置いて、カメラを目線の高さに合わせています)
  • ・マイク:サンワサプライ 400-MC001