ウェビナー(Webセミナー)で働き方改革

ウェビナー(Webセミナー)の活用を通した、働き方改革施策をご提案していきます。
ウェビナーとは、インターネット上で、多人数の参加者と双方向の対話をしながらセミナーを行うためのツールです。

    PickUp

    最近の投稿

ウェビナー(Webセミナー・オンラインセミナー)とは|意味・メリット・働き方改革事例

こんにちは、コクリポ創業者の正井です。
前回は、「なぜ働き方改革が必要?なぜウェビナーが役に立つ?」という私たちの問題意識について書かせていただきました。
この記事では、もう少しウェビナーにフォーカスを当てて、以下の点について詳細にご説明したいと思います。

  • ・ウェビナーとは
  • ・ウェビナーのメリット
  • ・ウェビナーを活用した働き方改革事例

ウェビナーとは

ウェビナー(webinar)の語源はweb(インターネット)+seminar(セミナー)で、インターネット上でのセミナーを意味します。あるいは、インターネット上でセミナーを行うための配信ツールを指します。
Webセミナー(ウェブセミナー)や、オンラインセミナーとも呼ばれます。

動画配信サイトや、自社のホームページから、録画した動画を配信することを指してウェビナーと呼ばれることもありますが、生放送で参加者からの意見や質問などの発言を伴ったライブ配信形式が一般的です。

ここまでご説明をさせていただいたところで、よく次の2つのご質問をいただきます。

1.Web会議との違いは?

Web会議は、比較的少人数(数名程度)で集まって「議論」を行うことを主用途としたツールです。少人数で、お互いに自身のカメラ映像を出し合い、必要なタイミングで音声で意見を出し合うということに向いています。ただ、少人数向けのものですので、無料のものですと多人数になると、動作が遅く固まったり接続が切れたりします。あるいは多人数の同時接続を実現するには、大きなコストが必要になります。
これに対して、ウェビナーは数十人や数百人に向けたセミナーをインターネット上で行うためにつくられたものですので、比較的低コストでの多人数の接続が可能であり、セミナーをイメージしたイベント運営(事前集客や事後フォローを含む)やセミナー実施中の参加者対応に必要な機能が実装されています。

2.動画配信との違いは?

動画配信は録画したコンテンツを、「一方通行」に、「不特定」多数の方に、「視聴」してもらうことが目的です。カギカッコで囲んだ、「一方通行」、「不特定」、「視聴」がウェビナーとの主な違いです。動画配信の場合、あらかじめ録画された範囲の情報を受け取るのみとなり、視聴者による質問や意見などの「参加」を通した追加的な情報を得る機会はありません。また、動画視聴条件として視聴者の情報提出を求めない限り、どのような方がご覧になったかの把握はできず、視聴後の個別フォローも行うことができません。
これに対して、弊社のコクリポウェビナーを例にとると、ウェビナー参加の際には必ず主催者にメールアドレスと名前を提出してもらいます。また、ウェビナー中、音声、チャット、あるいは主催者側が用意したアンケートへの回答という形で「参加」し、自ら追加で必要な情報をとりにいくことが可能です。加えて、提出されたメールアドレス・名前に紐づけて、参加者の滞在時間・チャット発言・アンケートへの回答内容が自動的に記録されるため、参加者の興味や疑問点などを踏まえたウェビナー後のフォローも可能です。

ウェビナーのメリット

ウェビナーは、主催者・参加者双方にメリットをもたらすものですので、分けて説明させていただきます。

(主催者にとってのメリット)

まず、これはどのウェブツールにも共通のものとなりますが、インターネットを活用することで、距離の制約がなくなります。これによる、特に重要な主催者メリットは、非付加価値活動時間である、「移動時間」と、「会場の選定・手配や設営の時間」がなくなります。

ここでは、「移動時間」の削減による生産性の向上について見てみたいと思います。

- 全国セミナー行脚に要する時間 -

全国セミナー行脚に要する時間

上図は、全国をセミナー行脚した場合に要する時間を表しています。
仮に各地でのセミナー時間(付加価値時間)が1時間程度であったとしても、移動や会場設営のための時間から、各地丸一日仕事となります。つまり、8時間 x 5営業日 = 40時間を用いることとなります。
ウェビナーの場合、1時間程度、自社の会議室などでパソコンの前でプレゼンを行うだけですので、必要時間は1/40となります。残り39時間を他の付加価値の高い仕事に活用することが可能です。
セミナー講師を行う方は、社内でもエース級の方々だと思います。この方々の付加価値時間を40倍に高められる、このメリットが何よりもインパクトの大きいウェビナーの効用だと考えます。

加えて、旅費交通費や会場代など経費面でも大きなメリットがあります。

- 東京からの旅費交通費用の例 -

東京からの旅費交通費用の例

例えば、弊社がある東京を起点にした場合、他地域でのセミナー開催のために出張した場合、数万円単位で旅費交通費用が必要になります。
また、セミナー出張の場合、他にも会場代などの費用が必要です。仮に全国5都市をセミナー出張で行脚した場合、下図の左側のグラフのようなコストがかかります。ウェビナーの場合、会場の制約からも解放されますので、コクリポウェビナーを例にとって比較すると、100倍単位でのコストメリットが出ることがわかります。

- セミナーとコクリポウェビナーの経費比較 -

セミナーとコクリポウェビナーの経費比較

※東京、仙台、札幌、大阪、博多の順に行脚した場合の概算値の一例です。
茶菓子代やプロジェクターなどの機材代なども考慮すると、もっとコスト差が開きます。

(参加者にとって、そしてひいては主催者にとってのメリット)

ここまでは、距離の制約・会場の制約からの解放による主催者にとってのメリットについて説明してきましたが、距離の制約からの解放は参加者にとっても大きなメリットになります。
仮に主催者ががんばって全国を行脚してくれたとしても、行脚先の会場が職場や自宅から2時間も離れれば、依然参加者にとって移動の負担(時間・費用)は大きく、参加が困難となります。ウェビナーであれば、どこにいらっしゃる方でも、手軽に参加の機会を得ることができます。このことは、主催者にとっても全国津々浦々の集客が可能であることを意味し、さらなる生産性の向上につながることとなります。

ウェビナーの利用シーン・働き方改革事例

ウェビナーが役に立つ主な利用シーンは、「○◯説明会」や「◯○セミナー」と名がつくイベントととらえていただくと、社外向け・社内向け、様々イメージがわいてくるのではないかと思います。
前回記事の再掲になりますが、例えば、以下のようなものがあります。

(社外:顧客向け)

  • ・新規顧客向けの営業目的のセミナー
  • ・既存顧客向けの情報提供セミナー
  • ・自社製品の操作方法の説明会

(社外:採用候補者向け)

  • ・採用説明会

(社外:販売代理店や取引先向け)

  • ・販売代理店向けの営業方針の説明会
  • ・同じく、新商品やサービスの説明会
  • ・取引先向けの業務内容説明会や、業務研修

(社内:遠方拠点向け)

  • ・支社や支店への方針説明会、制度変更説明会(人事・経理・ITなど)
  • ・店舗のスーパーバイズ
  • ・全社朝礼、キックオフイベント、表彰

(公共)

  • ・地方自治体による企業誘致
  • ・NPO法人によるボランティア募集や寄付金募集

公開されている働き方改革事例

公開されている働き方改革事例をいくつかご紹介させていただきます。

まとめ

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます。ウェビナーの特徴・メリット・利用シーンについてご説明させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
コクリポでは、コクリポウェビナーを用いたオンライン説明会を随時開催しておりますので、より詳しい情報にご興味がございましたら、こちらからぜひご体験ください。
あるいは、こちらの「無料で使う」ボタンからメールアドレスなどをご登録いただくだけ(2分くらいです)で、フリープランをお使いいただけますので、ぜひご利用ください。